絵付け教室のご案内


 

東京 世田谷の自宅にて、

絵付け教室をしています。 

 

透明感のある、すがすがしい絵付けに魅せられ

スカンティップス(石井逸郎先生)にて

10年間学んだ後、

ヘッドマスターの資格を取得し

絵付け教室を始めました。

 

レッスンはカリキュラム制で

私の作品づくりの基礎になっている

スカンティップスのメソッドをベースに

私自身の解釈や

描く上でのポイントを交えながら

ご指導しています。

 

1回のレッスンは3名までの少人数ですので

生徒さんそれぞれのペースにあわせて 

進めさせていただいています。

 

繊細で、やわらかな絵付けの表現を

見る側ではなく体験してみませんか。

 

私が学んできたこと

描くうえで大切にしていることを

丁寧にお伝えし

生徒さんご自身が自分で描けるようになり

創作を楽しんでいただくことが

私の願いです。

 


絵付けをする上で大切にしている事

 

私が最も大切にしているのは

1ストロークの美しさです。

 

レッスンでは

絵の具の筆への含ませ方や

基本のストロークのポジション

筆の動かし方を

最初に教えます。

  

どんなお花も

どんな動物も

ストロークの集合体なので

ストロークの美しさは

絵の美しさに直結します。 

 

ストロークが美しいと

1ストロークで描く魚でさえ

絵になるわけです。

 

基本の大切さ』は

経験を積むほど実感するものだと

感じています。

 

私自身、生徒時代に

先生の描く

スーッと落とされた1ストロークが

魚になっていく様子に

とても感動しました。

 

そして、今もなお

筆致の美しさこそが

私自身の大きなテーマであり

生徒さん達に伝えたいことです。

 

 


絵を描くこと

  

レッスンでは、

まずは白磁に鉛筆でアタリをとって

その上に、筆で描いていきます。

 

お花自体のバランス

空間に対しての絵の配置など

見本をもとに解説しますが

実際に、アタリをとっていくのは

生徒さんご本人なので

生徒さんそれぞれに

お花の表情やバランスが

微妙に異なります。

 

製品を作るとすれば

均一のモノを制作しなければなりませんが

教室ではゼロから描くことの工程を、

学び、楽しんでもらいたいので

トレースは行っておりません。

 

その時の、あなたの、最高の作品 』を

作ってもらいたいというのが

私の想いです。

 

絵を描くことは

遠い世界のことと

思っていらっしゃる方も多いと思います。

 

だけど、こうした小さなことの積み重ねが

絵となっていき

一つの目標に到達すると

次の目標が見えてくる。

 

容易にすぐ手に入るものでないからこそ

味わえる

奥深い楽しさや

作品が完成した時の深い喜びがあると感じています。

 

このホームページにいらっしゃったことが

絵を描くことのきっかけとなると良いと思っています。

  

作品と向き合う時間を

大切に紡いでくださる方

お待ちしております。 

 


教室に関する詳しい内容は、下記からもご覧いただけます。

ご興味のある内容に、クリックしてください。

 

道具・教材のご紹介

カリキュラム

レッスンコースと費用 

体験レッスン 

スカンティップス修了証

レッスンスケジュール

教室へのアクセス

生徒さんの作品ご紹介


 ご質問等ございましたら、Contactのページからメールにてお気軽にお問い合わせください。