水彩画 · 2021/07/22
『絵付け』、『水彩画』、『植物』、『日々の暮らしで感じたこと』などをつづっています。

水彩画 · 2021/07/20
まずは、デッサンしたものをトレースします。 以前、アサリを描いた時にも気づきましたが 貝殻の表面は、何層もの地層みたいになっています。 虫眼鏡で観察しながら このラインはここにつながっているのか・・・とか 確認しながら描くのですが 観察がすすむにつれ いつの間にか、のぞき込むような姿勢になってしまいます。 そうすると、対象に対する見る角度が...

水彩画 · 2021/07/17
浜辺で拾った貝殻。 私の地元では、カラスガイと呼んでいました。 本来はカラスの羽のように真っ黒で 子供の頃は少し不気味な感じがしていました。 この貝は 永年、波に洗われ 真っ黒な表面は もう部分的にしか残っていません。 その分、 下からラベンダー色がお目見えし 黒とのコントラストが なんとも美しく思えます。 今回調べてみると...

絵付け · 2021/07/03
久々に絵付けのお話をしようと思います。 絵付けは、描いて焼いて、描いて焼いてを大体3~4回繰り返して、濃淡やメリハリを出して完成させます。 最初の写真は、バラとアサガオの多色ブーケの 1回目の様子です。 1回目に、全ての目鼻や骨格を描きます。 焼成してしまうと、もう変更することができないので ここは、時間がかかっても、丁寧に仕上げることが...

その他 · 2021/05/02
コロナ対策の アクリルパーテーションの 収納ケースのために購入した デニムキルト。 余った生地で ショルダーバッグを作りました。 日頃どんな風に使うかを想像し ポイントは5つに絞りました。 ①自転車に乗る時に斜め掛けできるもの ②財布、エコバッグが入ること ③ペットボトルの極小タイプが縦に入ること ③スマホポケットがあること...

水彩画 · 2021/04/29
全体のアタリがバランスよく取れたら いよいよ、個々の花の特徴を 描きこんでいきます。 このあたりから、虫眼鏡や PCでの拡大画像を活用していきます。 花の特徴や醸し出す雰囲気を つかもうと思うと 普通に見るだけでは限界があるので 拡大して、理解するようにしています。 また、本番のデッサンの横にも 花の構造を描いたりしていますが 自分が理解するために...

水彩画 · 2021/03/21
花のエリア、葉っぱのエリア、球根のエリアなど、大体の割合をとったら、まずはお花エリアから描いていきます。 ここでも、最初から一つのお花の 1枚1枚の花びらまで描いていくと 大体どんどん大きくなっていきます。 多くの方が経験するデッサンあるあるだと思います。 そこで、お花の形を簡単な図形に置き換え(今回は円錐のようなラッパ状の形)で...

水彩画 · 2021/03/17
まずは、デッサンから始めます。 右の写真はデッサン完成の状態、 その前に下準備としてこんなことをしています。 ■採寸 実物大で描くため、 全長 花の咲いている部分の長さ そこから球根までの長さ 球根の高さ など、計測していきます。 いきなり上から描き始めたりすると バランスが狂ってしまうので 花、葉っぱ、球根の配分がわかるよう...

水彩画 · 2021/03/11
2月の中頃に購入したヒヤシンスが開花しました。 もともと、蕾がぷっくりした状態まで育っており 既に値下げされていたのですが 黄色にむしょうに春を感じ 購入しました。 当然、あっという間に開花し始めたので 水彩で描くことにしました。 ポットにさしてあった名札には イエローストーンという名前の他に 『香りの楽園』と記載してあったのですが...

その他 · 2020/12/04
年齢を重ねると おのずと体形に変化が起きてきます。 『いつかまた着る時がくる!!』と思って 毎年、衣替えで再会するも 結局、足を通せないでいるパンツが 複数あったりします。 出したり、しまったりの連続です。 右のトートバッグは そんな『いつかを待ち続けたパンツ 』の トリプル使いです。 ベースはジーンズのデニム生地。...

さらに表示する