水彩画 · 2019/07/10
もともと、植物の次に描きたかったのは 貝でした。 自分好みの貝殻を探して、 貝殻の売ってそうな場所を まわったこともありましたが ピンとくるものには出会わず 貝はお預けとなっていました。 写真は、先日帰省した際に 実家の近くの浜辺にて 甥っ子が拾ってくれた貝殻です。 アサリが、長い間波にもまれて 白くなった 何の変哲もない貝殻です。...

植物 · 2019/06/13
葉が大いに茂ったものの 結局、花をつけなかったツリガネソウ。 今は、葉っぱも枯れてしまいました。 葉が緑のうちは、 光合成をして球根に栄養を蓄え続けてくれるので こんな風に枯れるまでは 葉っぱを切ることはできません。 今年は 蓄えた栄養 >使ったエネルギー でした。 人にもそんな年はありますよね・・・。 来年はぜひ美しい花を咲かせてほしいなぁ。...

その他 · 2019/06/08
この夏は、クリムトの作品がたくさん日本に来ています。 特に女性の肖像画のシリーズが好きで 写実的な人物と、文様が融合した、 装飾的な美しさに惹かれてきました。 いつかこの目で本物を見ることを 待ち望んでいた私にとっては まさに至福のシーズンです。 ■クリムト展 期間:4/23~7/10 場所:東京都美術館(東京 上野公園) ■ウィーン・モダン展...

その他 · 2019/06/01
フィンランドのセラミックアーティスト ルートブリュックの作品展に行ってきました。 初期の作品は、撮影が許可されているものが多く、写真は代表作品の一つである『ライオンに化けたロバ』のモノクロバージョンです。...

植物 · 2019/05/23
その後の球根ツリガネソウですが 葉はわんさか伸びましたが 花芽が伸びることもなく 葉の一部は枯れ始めてきているので 今年は、花が咲かぬまま終わるようです。 調べてみると・・・ やはり、同じ場所に球根が増えて 混みあってしまうと やせた球根ばかりになり、 花が咲かなくなるそうです。 たしかに、小さなニンニク1かけサイズが ゴロゴロしているようでは...

水彩画 · 2019/05/17
描き始めてから早4か月 久しぶりにカトレアに筆を入れます。 最後は根です。 根は日にちが経過しても あまり雰囲気が変わらないので 最後にしたというのもありますが 実はこの鉢を購入した際に 小さな小さな3つ葉の植物が寄生していました。 そのクローバーの超小型版のような植物が とても可愛かったので 一緒に描きたかったのですが...

植物 · 2019/04/04
桜を見に公園に行くと 見慣れぬ植物が木漏れ日の下ひっそりと 咲いていました。 ボランティアの人たちにより 小さな野の花が育てられているエリアで 公園に行くと必ず立ち寄ります。 家に帰って調べると 『一人静 ヒトリシズカ』だそうです。 名前は聞いたことがあったけど 自分のイメージより 茎や葉っぱがしっかりしているなぁ・・・。...

水彩画 · 2019/04/02
少し、日にちが経ってしまいましたが いよいよ、お花です。 以前、書きましたが 本来は、この花は紙の色より白く 暖かみのある白というよりは、 クールな感じの白でした。 そのままの色を再現するのは無理なので イメージを表現することにしました。

植物 · 2019/03/13
ツリガネソウを育て始めて3年目。 出ました出ました!たくさんの芽が! 1か月前くらいに、 そろそろ動き始めるかなぁ・・・と思い、 冬の間眠らせていたツリガネソウの鉢に 土を足してあげました。 その時、小さなニンニクのような 分球がちらりと見えたのですが 変にいじって根が壊れたらいけないと思い そのまま、そっと土をかぶせ...

水彩画 · 2019/03/10
バルブの詳細を描き終えたら バルブ同士の前後感を出すために ぼかしたり、陰影をつけたりします。 最初からぼんやり描くのと 細かく描いてからぼかすのは やはり違う訳です。 グリーンの部分に ずいぶん手を入れてきたので 花や蕾が弱く感じます。 花と葉っぱでは 色だけでなく、厚みや透け感も異なるので 質感を大切にいよいよ花も描き進めたいと思います。...

さらに表示する