SEASON'S PLATE / 2009

2009年の個展での作品。

「季節ごとに飾れる絵付けプレート」をテーマに描いた作品です。


鈴懸けの木

「SEASON'S PLATE」より 鈴懸けの木         2009
「SEASON'S PLATE」より 鈴懸けの木         2009

 

鈴懸けの木(プラタナス)の落葉を

いくつか持ち帰り

じっくり描いてみました

 

いつもは

筆の勢いを生かすために

いかに筆の運びを最小限にし

対象をデザイン化することができるか

考えることが多いのですが 

 

この作品に関しては逆で

 

可能な限り

対象を忠実に表現するために

筆をたくさん入れつつも

重さを感じさせないような

配慮をしながら描いてみました

 

水溶性の絵の具特有の

薄いベールが何層もかかった作品は

シンプルながら

黄葉そのものの美しさが

表現できたと思います

 

 


ばら

「SEASON’S PLATE」より ばら        2009
「SEASON’S PLATE」より ばら        2009

 

バラの花は

上絵付けをするものにとって

特別な花で

多くのメーカーには

象徴的なバラのスタイルが

存在しています

 

長い歴史の中で

シンプルにバラらしさが抽出され

様式美にも近いそれらのバラは

素敵なのですが

どこか自分のバラではないような

気持ちがありました

 

自分の作品を創るときは

自分の好きなバラを描いてみたいと

という思いを

プレートにのせました

 

このバラは

とあるローズフェスティバルで

心引かれたガーデンローズです

一つ一つの花はそれほど大きくなく

きゅっとしまった蕾は

野生のイチゴのようにコロコロしており

とても愛らしく咲いていました

 

残念ながら花の名前は覚えていないのですが

私だけのバラプレートが生まれたことが

うれしいのです 

 


南蛮皀莢

「SEASON'S PLATE」より 南蛮皀莢          2009
「SEASON'S PLATE」より 南蛮皀莢          2009

 

竹富島で出会った

南蛮皀莢ナンバンサイカチという花 

 

島の中心にある一本の大木には

たくさんの黄色い花が咲き乱れ

潮風に揺れていました

 

まずは一房をクローズアップ

 

実は今現在このお皿には

お花が幾房か追加されています

あの時の堂々とした迫力を

表現してみたくなったのです

 

いつか

次の完成が訪れたら

またお披露目したいと思います 

 


睡蓮

「SEASON'S PLATE」より 睡蓮               2009
「SEASON'S PLATE」より 睡蓮               2009

 

白磁自体にある

波の模様が生かされるよう

水に浮かぶ睡蓮を

描いてみました

 

暑いさなか

少しでも清涼感を届けてくれるよう

透明感を意識して・・・ 


あじさい

「SEASON'S PLATE」より あじさい            2009 
「SEASON'S PLATE」より あじさい            2009 

  

雨上がりの散歩で見かける

あじさいは

実にイキイキしている

 

わたしは雨は苦手だけど

この花は

雨を喜んでるのね・・・

と思う

 

わたしも、あじさいも

お互い楽しくなれるのは

天気雨の明るい日

 

 


しゃくなげ

「SEASON'S PLATE」より しゃくなげ            2009
「SEASON'S PLATE」より しゃくなげ            2009

 

シャクナゲ園に行った時のこと

 

身長の倍以上もある

シャクナゲの樹には

これでもか!というほどの

たくさんの花が咲き乱れ

生命力の持つ迫力に圧倒されました

 

その累々と

葉っぱや花が重なり合い

ひしめきあう様子が

なんとなく楽しくて

描いてみました

  


「SEASON'S PLATE」より  桜            2009
「SEASON'S PLATE」より  桜            2009

  

散歩の途中

近くの小学校で

五分咲きの桜がやさしい光をうけて

揺れていました

 

桜越しに見える体育館の壁は

青磁色に塗られており

透けるように淡いピンクの花を

ひき立ててくれています

 

都会の桜をながめながら

春霞のかかる、

薄碧い里山を思い出しました 


芽生え

「SEASON'S PLATE」より 芽生え            2009
「SEASON'S PLATE」より 芽生え            2009

 

春の始まりの

ほんの短い期間

名前も知らない小さなお花たちが

地面をびっしり覆いつくす光景に

遭遇したことがあります

 

一つ、また一つ

植物たちは

空に向かって伸びていきます

新たなたくさんの命の芽生えです。

 

「Wonder World」の

小花をベースに

更に動きを加えて

早春のはずんた気分をのせました 


松竹梅

「SEASON'S PLATE」より  松竹梅              2009
「SEASON'S PLATE」より  松竹梅              2009

 

   新しい年を迎える家に

 

 

   おめでたい感いっぱいの

 

 

   NewYearPlate を飾ります

 

 

   センターには、梅にメジロ

 

 

   リム(外周)の部分には松竹梅

 

 

   吉祥文様三昧です 


クリスマス

「SEASON'S PLATE」より クリスマス             2009
「SEASON'S PLATE」より クリスマス             2009

  

しんしんと 

 

雪の降り積もる

 

静かな森の中に

 

大きな モミの木が1本

  

 

今日はクリスマス

 

年に一度のおめかしの日

 

 

トナカイも うさぎも リスも

 

はしゃぎます  


酔芙蓉

「SEASON'S PLATE」より  酔芙蓉              2009
「SEASON'S PLATE」より  酔芙蓉              2009

 

昨年

季節にあわせて

お部屋に飾れる絵皿をテーマに

初めての個展を開催しました

 

この月はこれを描きたいと

すぐに思いつく月もあれば

何にしようか・・・と、

思い悩む月もあります

 

9月はまさに、

そんな思い悩んだ月です

 

心にひびく植物をもとめ

さっそく植物園に足をはこびました

 

園内は、盛夏の華やかな花達が

一通り咲き終わり

なんとなくシーンとした感じ

 

その中で一際目立っていたのが

この酔芙蓉(スイフヨウ)でした

赤と白のお花のコントラストが

とても愛らしく

それでいて、満開に近い状態の

芙蓉の大木は

人を圧倒するだけの

インパクトを持っていました

  

身近だった芙蓉の樹に

あたらしいイメージを与えてくれた

大切な出会いです