· 

美しいブーケを描くために

 

ベーシックで基本をしっかり学んだあとは

いよいよ、ブーケのレッスンに入ります。

 

ベーシックの間は、ストローク数も少なく、

比較的小さなモチーフを描くのですが、

ブーケに入ると、

 

個々の植物も大きくなり、花束なので立体感のある表現になってきます。 

 

小花とブーケの完成形だけを並べると、

そこには大きなハードルがあるように見えますが、

ブーケを分解していくと、

結局基本の積み重ねで出来上がっています。

 

例えば、ストローク。

複雑そうに見える立体的なお花も、

実は今までに学んだシンプルなストロークの組み合わせで出来ています。

  

では、その前の骨格作りはどうでしょう?

立体的なブーケも、

各お花を描く時、

花々を組み合わせて束にする時など、

工程ごとに手順やコツがあります。

その一つ一つは決して難しいことではありません。

 

つまり、基本をコツコツ積み上げていけば、ブーケは出来上がります。

 

ヨーロピアンポーセリンの普遍的なモチーフであるブーケを描くことは、

上絵付けをする者にとってはとても魅力的なことだと思います。

 

決して焦らず 

1つ目のブーケでアタリの取り方を理解したら

2つ目のブーケでは筆の運びが軽くなることを目指したり

数を重ねる中で 

生き生きとした素敵なブーケを描けるように

なってくれると良いと思います。

 

 

 

2019.10.11