· 

ヒアシンスを描く3 アタリをとる

 

おおまかな配分がわかったところで

お花から描いていきます。

 

ここでも、最初から一つのお花の

1枚1枚の花びらまで描いていくと

大体どんどん大きくなっていきます。

多くの方が経験するデッサンあるあるだと思います。

 

そこで、お花の形を簡単な図形に置き換え(今回は円錐のようなラッパ状の形)で

おおまかな花の向きを意識しながら

個々の花を配置していきます。

いわゆるアタリをとる作業です。

 

上から何番目のお花が

ちょうど中間地点にくる・・・とか

目安になる花を配置して

『描いていくにつれて、長さが足りなくなった』ということがないようにします。

 

葉っぱや球根も、大体の形をとっておきます。

 

 

2021.3.21