道具・教材のご紹介


『上絵付け/ポーセリンペインティング』を、はじめて知る方もいらっしゃると思いますので、簡単に道具の説明をいたします。

絵付けで使用する絵具は、粉末状の顔料とオイルを練って作ります。教室で使用するオイルは水溶性のため、道具は水で洗ったり、拭いたりできるため、管理が簡単です。

また、オイルは遅乾性で、すぐに揮発したりしませんので、作った絵の具は長期間保存でき、一定量ストックしておけば、描くたびに溶く必要はありません。

下記に、主な道具の紹介をしておりますので、ご覧ください。

粒子が大変細かく、筆のすべりも大変なめらかな、プロ仕様の絵具です。 

オイルは水溶性で匂いはほとんどなく、体にやさしいオイルです。

 

粉状の絵の具とオイルを練って

絵の具を作ります。


筆は、テンの毛を使用した丸筆をおもに使用します。柔らかいけれどコシのある描きやすい筆です。

その他、ピックや平筆やペンも場合によって使用します。

描くポジションはこんな感じです。

筆と、白磁を安定させて描くため、アーム台を用います。

オイルが水溶性なので筆は水で洗えます。焼成する前は拭き取れるので、何回も描き直しができます。 

約810°になるまで3時間半ほど焼成し、常温に戻るまで半日ねかせます。

焼成は教室で行いますので、窯は購入していただく必要はありません。


描き順から色のバリエーションまで、詳細を解説したオリジナルテキストをご用意していますので、ご自宅での復習もできます。

Sachic-View(2015/3/20)にてご紹介



カリキュラムの内容についてはこちらをご覧ください。

カリキュラムのご紹介