その他

その他 · 2021/05/02
コロナ対策の アクリルパーテーションの 収納ケースのために購入した デニムキルト。 余った生地で ショルダーバッグを作りました。 日頃どんな風に使うかを想像し ポイントは5つに絞りました。 ①自転車に乗る時に斜め掛けできるもの ②財布、エコバッグが入ること ③ペットボトルの極小タイプが縦に入ること ③スマホポケットがあること...

その他 · 2020/12/04
年齢を重ねると おのずと体形に変化が起きてきます。 『いつかまた着る時がくる!!』と思って 毎年、衣替えで再会するも 結局、足を通せないでいるパンツが 複数あったりします。 出したり、しまったりの連続です。 右のトートバッグは そんな『いつかを待ち続けたパンツ 』の トリプル使いです。 ベースはジーンズのデニム生地。...

その他 · 2020/11/25
母は趣味で洋裁をしていたので 残されたクローゼットの 一番下の引出しには 何かを作るために買っておいた生地や 使い残しの生地が 入っていました。 実家の片づけに行った際に これは使えそうと 持ち帰った生地で 服を作ることにしました。 私自身は母とは異なり 中学校の家庭科の授業以来 裁縫というものをやってこなかったのですが...

その他 · 2020/11/23
裁縫に目覚めたのは今から3年くらい前。 もともと、モノをたくさん買う方ではありませんが それでも、長く生きていると すこしづつ溜まっていきます。 そこには、捨ててしまっても良いものと 何らかの思いがあって 捨てられないものもあります。 若かりし頃、 絵付けの展示会のために準備したテーブルクロス。 節目のお披露目の日のために 器の映える生地を求め...

その他 · 2020/08/01
現在、教室でのレッスンの際は アクリルパーテーションを 使用しています。 生徒さんとは向かい合わないように座り さらにアクリルパーテーションでも 仕切るという感じです。 場所をとるパーテーションは 都度片づけておきたいと思い ケースを作ってみました。 分解して入れてしまえば 傷がつくこともありませんし 書棚の上にのせておくことも可能です。...

その他 · 2019/09/06
OSAMU GOODSで有名な 原田治さんの展覧会に行ってきました。 私の高校生時代は まさにOSAMU GOODSと共にあり 展示されていたGOODSには 自分自身も使っていたものがいくつかあり 懐かしさひとしおです。

その他 · 2019/09/05
10年くらい前に 世田谷美術大学という 半年間かけて美術全般を学ぶ講座に 通ったことがあります。 講義だけでなく 実技も様々な分野の入り口を学ぶことができ 写真は、銅版画の授業で制作した 『孔雀』です。 制作工程は、大きく分けて 下準備した銅版にニードルで絵を描く工程と 傷つけた部分を腐食させる工程と 摺るという工程があります。...

その他 · 2019/06/08
この夏は、クリムトの作品がたくさん日本に来ています。 特に女性の肖像画のシリーズが好きで 写実的な人物と、文様が融合した、 装飾的な美しさに惹かれてきました。 いつかこの目で本物を見ることを 待ち望んでいた私にとっては まさに至福のシーズンです。 ■クリムト展 期間:4/23~7/10 場所:東京都美術館(東京 上野公園) ■ウィーン・モダン展...

その他 · 2019/06/01
フィンランドのセラミックアーティスト ルートブリュックの作品展に行ってきました。 初期の作品は、撮影が許可されているものが多く、写真は代表作品の一つである『ライオンに化けたロバ』のモノクロバージョンです。...

その他 · 2018/10/14
世田谷の花火大会は毎年8月に行われていたのですが 最近のゲリラ豪雨の影響を考えてか 今年は10月に開催されました。 いつもと違って 多摩川河川敷を渡る風は肌寒いくらいですが 空気も澄んでおり 花火の切なさと秋の夜は とてもあっている気がしました。 2018.10.14

さらに表示する