水彩画

水彩画 · 2019/05/17
描き始めてから早4か月 久しぶりにカトレアに筆を入れます。 最後は根です。 根は日にちが経過しても あまり雰囲気が変わらないので 最後にしたというのもありますが 実はこの鉢を購入した際に 小さな小さな3つ葉の植物が寄生していました。 そのクローバーの超小型版のような植物が とても可愛かったので 一緒に描きたかったのですが...

水彩画 · 2019/04/02
少し、日にちが経ってしまいましたが いよいよ、お花です。 以前、書きましたが 本来は、この花は紙の色より白く 暖かみのある白というよりは、 クールな感じの白でした。 そのままの色を再現するのは無理なので イメージを表現することにしました。

水彩画 · 2019/03/10
バルブの詳細を描き終えたら バルブ同士の前後感を出すために ぼかしたり、陰影をつけたりします。 最初からぼんやり描くのと 細かく描いてからぼかすのは やはり違う訳です。 グリーンの部分に ずいぶん手を入れてきたので 花や蕾が弱く感じます。 花と葉っぱでは 色だけでなく、厚みや透け感も異なるので 質感を大切にいよいよ花も描き進めたいと思います。...

水彩画 · 2019/03/01
表葉、裏葉の2巡目が終わったら そろそろ、バルブに手を付けていきます。 1年前に花芽が出てきて以来 春夏秋冬の中で 栄養分や水分を蓄え 蘭の成長を支えてきた器官です。 中身が肥大するにつれ 表面は繊維だけが薄く残り 見た目は驚異的に複雑です。 焦らず、1日1バルブ仕上げていこうと思います。 2019.3.1

水彩画 · 2019/02/23
お花が咲いてから1か月あまり経ち 最初のお花は枯れ始めました。 枯れる直前 唇弁全体がぐっと赤さを増し 美しくも切ないです。 2019.2.23

水彩画 · 2019/02/20
表葉に続き、裏葉にも表情を付けていきます。 花の背後に裏葉がくるように 配置したので 裏葉の色が増してくると 花の強弱も更に付けていくことができます。 白い花は、存在は示したいけれど けっして鼠色の花にならないよう 全体のバランスを見ながら 色を付けていくことにしました。 2019.2.20

水彩画 · 2019/02/16
表葉に本格的にメリハリをつけていきます。 基本の色を作ったら、それをもとに陰影に合わせて色変化を加えていきます。 なので、基本の色はたっぷり準備しておきます。 2019.2.16

水彩画 · 2019/02/11
次にグリーンの部分のベースに イエローを塗っていきます。

水彩画 · 2019/02/06
まずはデッサンです。 花が咲いているうちに 花の色付けまでは進みたいので 急げ!急げ!です。 基本的にはそのままを描きますが 葉っぱの広がり方が必ずしも 絵としてバランスのよいわけでは無いので 空白エリアには葉っぱを加えて 間延びしないようにします。 ただし、バランスを整えたいからと言って “そんなところから葉っぱは伸びないよ”...

水彩画 · 2019/01/26
蕾は4つ付き、下から順に開花していってます。 一つ目の蕾が咲き始めたのが ちょうど1週間前。 今、ちょうど二つが開花し、 一つの蕾が咲きそう 最後の蕾はキュッと閉じています。 一つの絵の中に 開花の段階が表現される まさに今が描き時です。 今日からしばらく水彩画の日が続きそうです。 2019.1.26

さらに表示する