水彩画

水彩画 · 2021/04/29
全体のアタリがバランスよく取れたら いよいよ、個々の花の特徴を 描きこんでいきます。 このあたりから、虫眼鏡や PCでの拡大画像を活用していきます。 花の特徴や醸し出す雰囲気を つかもうと思うと 普通に見るだけでは限界があるので 拡大して、理解するようにしています。 また、本番のデッサンの横にも 花の構造を描いたりしていますが 自分が理解するために...

水彩画 · 2021/03/21
花のエリア、葉っぱのエリア、球根のエリアなど、大体の割合をとったら、まずはお花エリアから描いていきます。 ここでも、最初から一つのお花の 1枚1枚の花びらまで描いていくと 大体どんどん大きくなっていきます。 多くの方が経験するデッサンあるあるだと思います。 そこで、お花の形を簡単な図形に置き換え(今回は円錐のようなラッパ状の形)で...

水彩画 · 2021/03/17
まずは、デッサンから始めます。 右の写真はデッサン完成の状態、 その前に下準備としてこんなことをしています。 ■採寸 実物大で描くため、 全長 花の咲いている部分の長さ そこから球根までの長さ 球根の高さ など、計測していきます。 いきなり上から描き始めたりすると バランスが狂ってしまうので 花、葉っぱ、球根の配分がわかるよう...

水彩画 · 2021/03/11
2月の中頃に購入したヒヤシンスが開花しました。 もともと、蕾がぷっくりした状態まで育っており 既に値下げされていたのですが 黄色にむしょうに春を感じ 購入しました。 当然、あっという間に開花し始めたので 水彩で描くことにしました。 ポットにさしてあった名札には イエローストーンという名前の他に 『香りの楽園』と記載してあったのですが...

水彩画 · 2020/08/18
春にトレースまですませていたアサリ。 ずいぶん、時間が空いてしまいましたが 水彩で仕上げていきます。 まずは、ごくごく淡いイエローを 全体にのせた後 貝殻にほのかに感じる色を 部分的にのせていきます。

水彩画 · 2020/03/18
デッサンが終了したら トレースし、本番の紙に写します。 本番の紙の上では、 消しゴムを使って 表面が毛羽立ったり 描き直して 紙面に鉛筆の線の窪みができることを なるべく避けたいので トレーシングペーパーに写す時は ゆるぎない実線でとらえることを 心がけています。 この段階でビシッと決めることが大切です。

水彩画 · 2020/03/12
実家の近くの浜辺で拾った アサリの貝殻を描いてみました。 まずはデッサンです。 アウトラインをとらえたら 貝殻の表面の模様や 隆起の加減をよく観察します。 じっくり観察しているうちに 樹木の年輪に成長過程の意味があるように アサリの波々の隆起にも 法則があるのを感じます。 調べてみると 縦の放射状の波々の数は種の特徴を示し...

水彩画 · 2019/11/28
マンションの敷地内の植栽には 名前がわかるよう 根本に表示がされているものも あるのですが、 この樹には、名前がつけられていません。 このところ、雨が多いので 紅葉がすすんでは落葉し 色づきは微妙なモノが多い気がします。 数ある葉っぱの中から 緑から紅への変化のあるものを選んで 描いてみました。 最近は、写真を撮って...

水彩画 · 2019/07/10
ボタニカルアートを始めた頃に 知り合った方のご自宅に飾ってあった 貝殻の細密画が素敵で 自分でも貝を描いてようと 自分好みの貝殻 絵になりそうな貝殻を求め、 売っていそうな場所を まわったこともありましたが ピンとくるものには出会わず しばらく貝はお預けとなっていました。 写真は、先日帰省した際に 実家の近くの浜辺にて...

水彩画 · 2019/05/17
描き始めてから早4か月 久しぶりにカトレアに筆を入れます。 最後は根です。 根は日にちが経過しても あまり雰囲気が変わらないので 最後にしたというのもありますが 実はこの鉢を購入した際に 小さな小さな3つ葉の植物が寄生していました。 そのクローバーの超小型版のような植物が とても可愛かったので 一緒に描きたかったのですが...

さらに表示する